オメガ3サプリランキング〔人気商品徹底比較〕

オメガ3サプリランキング

マグロ、イワシなどの青魚に多く含まれるDHA・EPAが最近テレビでも取り上げられる機会が増え注目を集めています。DHA・EPAなどの不飽和脂肪酸をオメガ3と呼び、厚生労働省も1日1000mgの摂取を推奨しているほどその健康効果が期待されています。

 

オメガ3の効果を簡潔に書くと、血管の健康をもたらし脳にも良い影響を与えることです。たとえばコレステロール・中性脂肪、認知・学習能力などの改善や向上に効果的といわれています。当サイトはそんな優秀成分オメガ3を手軽に摂れるサプリをランキングにまとめています。どうぞ参考にしてください。

 

きなりの特徴

DHA・EPA1日あたり500mg含有!売れてます!
きなりは、オメガ3(DHA・EPA)を高含有したサプリメントになります。国が推奨する量の半分をカバーすることができ、日々の食事の負担を減らすことができます。さらに、サラサラ成分のナットウキナーゼもプラス。また、酸化に弱いDHA・EPAを守るためにアスタキサンチンという抗酸化力の高い成分も含まれており、飲めば違いを実感できるサプリメントに仕上がっています。

価格 1980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA・ナットウキナーゼ・アスタキサンチンなど

 

AOZAの特徴

DHA・EPA1日あたり約400mg含有!
AOZAは、天然イワシの魚油を凝縮した天然型サプリメントになります。天然イワシの栄養そのままのため、1日分に大体400gmg前後のDHA・EPAを含みます。また、酸化防止にコエンザイムQ10やビタミンEが含まれ、DHA・EPAの劣化対策もバッチリです。

価格 2263円
評価 評価4
備考 DHA・EPA・コエンザイムQ10・ビタミンAなど

 

ハープシールオイルの特徴

ハープシールオイルは、DHA・EPAに続きDPAを配合したサプリメントになります。DPAもまたオメガ3の1種とされ、サラサラパワーはEPAの10倍以上ともいわれます。酸化防止にビタミンEとカテキンを含み、GMP取得工場にて製造しているため品質・安全性ともに安心して飲むことができます。

価格 4800円
評価 評価3
備考 DHA・EPA・DPA

 

オメガ3とは?

 

現代では生活習慣病の罹患率が急増しており、特に脂質過剰な食事によって発生する病気は高齢での死因上位を占め続けており、食事における脂質摂取制限が叫ばれ続けています。しかし一方で、摂取量が不足していて意識的に摂取する必要がある脂質というものもあるのです。

 

魚の脂が体にいいという話を一度は耳にしたことがあるでしょう。そうです、主に青魚の脂身に存在する「オメガ3脂肪酸」はすべての脂肪酸の中で唯一、現代でも摂取量が推奨量に届いていない脂肪酸であり、健康維持に重要な働きを担っている脂肪酸なのです。

 

脂肪酸には様々な種類があり、動物の肉などに広く含まれる飽和脂肪酸とそれ以外の不飽和脂肪酸に大別され、不飽和脂肪酸の中でも構造によってオメガ3・オメガ6・オメガ9脂肪酸などに分類されます。

 

飽和脂肪酸はエネルギーを蓄積する観点では効率の良いものですが、飽食の時代である現代においては過剰に存在することによる害ばかりが問題となり、カロリーさえ摂取できていれば飽和脂肪酸は体内で合成できるため経口摂取は必須ではありません。

 

一方で不飽和脂肪酸の中でもオメガ3・オメガ6脂肪酸は合成できないため経口で摂取しなければならず、これらを必須脂肪酸と呼んでいます。その中でも重要かつ摂取量が不足しがちなのがオメガ3脂肪酸なのです。

 

オメガ3脂肪酸は一部の細胞膜を形成するほか、血中の中性脂肪やコレステロールの量を調節する機能があるなど、現代人にこそ必要な性質の働きを数多く持ち合わせています。飽和脂肪酸は過剰摂取により血中の中性脂肪・コレステロールを過剰にするのとは対照的に、生活習慣病を予防するような働きを見せるのです。

 

オメガ3の効果、摂り方

 

現代人は健康に意識している人でさえ、人とのつきあいで脂っこい食事を摂ったり飲酒したりすることが避けられないこともあるでしょう。何かと脂質過剰になりがちな環境ですから、この影響を緩和するような栄養素を摂取することが必要です。

 

そしてそれこそがオメガ3脂肪酸なのです。オメガ3脂肪酸は摂取後速やかに血中中性脂肪を減少させ、中性脂肪はコレステロールの増加をもたらすために間接的にコレステロールも減少させます。このことが現代人の健康においてどれだけ重要なことかは言うまでもありません。

 

オメガ3脂肪酸は魚に含まれる脂肪酸として知られており、実際に青魚の脂身の部分に多く含まれるものですが、一方で酸化に弱いという性質もあり魚好きな人にとっても意外と摂取しにくいものです。

 

加熱調理する魚料理はオメガ3脂肪酸が多く失われるので、加熱料理が基本の青魚はどうしても実際に摂取できるオメガ3脂肪酸の量が少なめになってしまいます。

 

また青魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれるといっても量的には飽和脂肪酸の方が多く含まれるため、カロリーや脂質総量に気をつけてメニューを選ばなければなりません。とにかく青魚を食べれば解決とはいかないのです。

 

そこで、オメガ3脂肪酸の補給にはサプリメントの利用が一番おすすめです。オメガ3サプリメントは酸化を防ぐカプセルなどの加工がなされており、また飽和脂肪酸など不必要な脂肪酸を含まないため、効率的にオメガ3脂肪酸だけを摂取することができます。ダイエット中の方でもオメガ3サプリメントならばダイエットの妨げになりません。

更新履歴